大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

入賞者のその後

第13回グランプリのエカテリーナ・フロロヴァさんが、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の
第1ヴァイオリン奏者として入団されました。
大阪国際音楽コンクール公式フェイスブックにて、ご紹介しています。

大阪国際音楽コンクールのホームページの、「入賞者のその後の戦績」では、
入賞者の皆様のご活躍を随時アップしていっております。
スポンサーサイト
その後の活躍 |

Umi Garrettさん

昨年の第13回ピアノ部門Age-E2で第1位を獲得されたギャレット宇見(Umi Garrett)さんのコンサートが、3月20日(祝)にコンサートサロン“ジュエ”にておこなわれます。
ジュエは、3月3日にリニューアルオープンしたカワイ梅田店に新しく開設されたコンサートサロンです。

ギャレットさんは、審査員満場一致にて、グランドファイナル=ガラコンサートへ推薦されましたが、残念ながら最終日まで日本に滞在することができず、アメリカへ帰国されました。
昨年のコンクールは、ギャレットさんをはじめ、とても若い方たちの活躍が目立ち、審査員の先生方からも彼女たちの今後が楽しみだという意見がたくさんありました。
今年のコンクールでもギャレットさんたちのような、これからの音楽界を担っていく音楽家のみなさんに出会えるのが楽しみです!

20日のコンサート演奏曲は、ベートーヴェンやモーツァルト、ショパンなどです。
チケットは、残りわずかだそうですが、ぜひ足を運んでくださいませ。

昨年のギャレットさんの1位受賞のことがJapan Timaesで紹介されました。

Umi and piano1 3   High_Res_20091221_110336_5331_5x7-150x150.jpg    Umi_and_piano1.jpg




その後の活躍 |

13th Grand prix - Ekaterina FROLOVA

第13回グランプリのフロロヴァさんが、こちらで紹介されています。
  ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓
http://www.sylff.org/2012/11/20/7068/


EkaterinaFrolova

その後の活躍 |

モーツァルテウムスカラシップ2011

昨年のファイナルでモーツァルテウムからのスカラシップを獲得した原田真帆さん(弦楽器部門Age‐H第1位)がモーツァルテウム音楽大学夏期国際音楽セミナーに参加され、そのレポートが届きました!
コンクールのホームページにアップされていますので、ご覧ください。
とても充実された夏だったようです。

いよいよファイナルまで1ヵ月となりました。
グランプリや各種スカラシップ、特別賞等、ファイナル最終日10月8日に決定します!

モーツァルテウム

その後の活躍 |

Child Aid 2011

第10回コンチェルトコース第2位の和田明佐美さんが、昨年末にシンガポールで行なわれた「Child Aid 2011」に日本代表で招かれて演奏を披露した様子が、こちらにアップされています。

大統領はじめ、アジア各国から著名人がお見えになり、和田さんはとりを務めました。
自然に涙がでる演奏、心に響く演奏との観衆の声。連日新聞に載り、評価を頂いたということです。

ChildAid2


ChildAid1

その後の活躍 |

入賞者の活躍

昨年は、大阪国際音楽コンクールの第1回から何度か参加されたお2人が大きな賞をとられました。

先ずは、日本音楽コンクール ヴァイオリン部門 第1位の藤江扶紀さん。
小学校4年の時に第1回弦楽器部門で2位、何と第4回ではアマチュア部門に出られ金賞。

その時、同じく中学校の部で第1位、第8回ではコンチェルトの賞もとられた上敷領藍子さんは、この度青山音楽賞の新人賞受賞。
このブログにも出ていますが、昨年7月9日のリサイタルを評価され、受賞決定となりました。
今は、オランダのマーストリヒト音楽院に留学中ですが、3月の授賞式には一時帰国とのこと。

第1回を振り返れば、今ローザンヌでスイスロマンドの1stヴァイオリンを弾かれ、始終「人気ブログランキング」の音楽~クラシックで1位になっている粟野由美子さんは、2年連続で入賞されています。「人気ブログランキング」へは、このページの右側にあるネコバナーからどうぞ!

その他、多くの入選、入賞者の方々が、国内外で活躍。留学されたり、大きなコンクールに入賞など、成長されるのは嬉しい限りです。
12年という年月は長いものですね。

当コンクールでは、ホームページで「その後の戦績」として入賞されてからの活躍を紹介しています。
入賞者の方々は、その後の活躍をご一報ください。
その後の活躍 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。