大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中野振一郎クリスマスコンサート2012

12月の初っ端、ぐ~んと冷え込んだ昨日、先日告知した中野振一郎先生のクリスマスコンサートがあり、神戸まで行ってきました。

今回ゲストとして出演したのは、中学生で3位を獲った木ノ村茉衣さん。
初めてチェンバロとの共演ということで、リハーサルではかなり緊張しておられましたが、中野先生のトークとアドバイスで解れていき、本番は中野先生も◎を出されたフレッシュでとても良い演奏でした。

演奏会終了後の立食パーティでは、中野先生ファンの皆様も若くてかわいいヴァイオリニストにそれぞれ話しかけられ、中には記念撮影をする方もおられたり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
来年は、どんな方がゲストに来られるのでしょうね?
中野先生、木ノ村さんお疲れ様でした!

リース

レストランの入り口には、ツリー型のリースが飾られていました。

レストラン入口
住吉川沿いの隠れ家的レストランです。

飾り
お店の中にも、あちこちに色んなクリスマスの飾りつけがされていました。

演奏中
演奏は、皆さんかぶりつきで聴ける全部が特等席。

お料理
演奏の後のお楽しみ、様々なお料理が並びます。

演奏者お二人で
終了後に、お二人で乾杯!

スポンサーサイト
ミニコンサート |

クリスマスコンサート2012

早いもので、週末には12月。
街に出ると、クリスマスソングが流れていますね。

12月1日(土)午後7時より、神戸市東灘区のレストランで、当コンクール審査員の中野振一郎先生のクリスマスコンサートが行なわれます。
今回、当コンクールの入賞者がゲスト出演することとなり、ヘンデルのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタホ長調を演奏されます。
年末まで、いろんなコンサートがありますが、皆さんはどのコンサートに行くか、もう決まりましたか??

RestaurantMauve2012program

ミニコンサート |

ストリング カルテット

21日は、各地で素晴らしい天体ショー金環日食が見られたと、報道されています。
大阪は曇天が幸いし、ラッキーなことに肉眼で簡単に見られました。

この日は、当コンクールにとってもラッキーなことがありました。
大阪国際音楽振興会の理事であり、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン理事長の上野製薬社長からのお誘いで、灘校出身の関西経済界重鎮のパーティでOIMC Quartetの演奏をさせていただきました。
このQuartetは、大阪国際音楽コンクールの入賞者や審査員でこの日の為に組んだ四重奏団、司会は同振興会理事の佐野大会会長でした。

リハーサル

メインテーブルとリハーサルの様子


上野社長の音楽に対するメセナ活動、所有されているストラディバリウス他、名だたる楽器、そして2つのホールのお話をされましたが、オーストリア建築の美しいホールでは、ベルリンフィル、ウィーンフィル他、著名な方々のコンサートが数多く催されてきました。
上野製薬株式会社はオーストリア名誉総領事館でもあり、お母様は名誉総領事を、上野社長は副領事を務めておられます。
当コンクールも、オーストリアとの強いつながりがあり、パーティに出席の方にコンクールの紹介と共に、弦楽器の演奏をということでお誘いいただきました。

皆様、さすがに静かに聴いてくださり、多くのあたたかい拍手で奏者も満ち足りた気持ちで会場を後にしました。

                     Quartetのプログラム
gokeikai_program.jpg
                                    


その後打ち上げにと、誰もまだ行ったことがないという本町にあるセントレジスホテルの12階にあるセントレジスバーに行き、景色を楽しみながら乾杯し、帰路につきました。

St.Regis

ミニコンサート |

依頼演奏

東京から、演奏依頼がありました。
きっとHyatt Prize Gala Concertの結果ですね。

既にプロとして活躍されている方のコンサートは順次お知らせしたいと思います。
今回は、サロンコンサートでお医者様の会。それで医学部の方への依頼となりました。

曲目は、
エルガー:愛の挨拶
シューマン:ヴァイオリンソナタ第1番
      トロイメライ
      献呈
チャイコフスキー:カンツォネッタ
シューベルト:アヴェマリア

などに加え、

映画音楽より、
ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー
虹の彼方に
雨に歌えば

タンゴからも、
ピアソラ:オブリビオン
     リベルタンゴ
ロドリゲス:ラ・クンパルシータ

アンコールには、ショパンのノクターン“遺作”が演奏されました。

Duoは、ヴァイオリン北野裕孝さん、ピアノ新居由佳梨さんでした。
新居さんは当コンクールのオフィシャル伴奏者を務められますが、ロンティボー、日本音楽コンクールのガラ・コンサートの伴奏もされます。
4月25日には、ソロ・リサイタルをされます。詳細はこちらをご覧ください。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 12月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町
今月は、クリスマス・イヴに日程を変えて開催します
今月24日(木)の演奏者は…
ハープの福井麻衣さん

2009.12

スウェーデン育ち。7歳よりハープを始め、現パリ国立高等音楽院ハープ科修士課程在学中。
大阪国際音楽コンクール中学部、パリ、シテ・デ・ザール国際ハープコンクール第1位受賞。
松尾正代、吉野篤子、I.モレッティ、G.ロレンティーニ、G.レタング各女史に師事。
2008年よりローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。
 
地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 創作中華料理 “AKA”午後7時半~、旬彩“旨魯”午後8時~ 、  KITCHEN BAR“混”午後8時半~ にて。






人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 11月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月28日の演奏者は…
マンドリンの湯川麻美さん

2009.11

帝塚山学院中学校よりマンドリンを始める。
その後、立命館大学マンドリン部でコンサートマスターを務め、現在はエルマノ
マンドリンオーケストラのコンサートマスターとして定期演奏会に出演する他、ドイツ国際音楽祭や関西マンドリンフェスティバル等に参加。
後進の指導にもあたる。
第18回日本マンドリン独奏コンクール関西大会第1位。
木下正紀氏、石村隆行氏に師事。

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 10月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。

今月31日の演奏者は…

リンベ(横笛)、ホーミーのM.サウガゲレルさんとヨーチン(揚琴)の山本敦子さん

2009.10


M.サウガゲレル/リンベ(横笛)、ホーミー
モンゴル国ウランバートル市生まれ。8歳よりリンベを始め、モンゴル国立音楽舞踏学校、モンゴル国立文化芸術大学にてリンベ及びホーミーを学ぶ。16歳の時、モンゴル全国リンベコンクールプロ部門銀賞受賞。在学中、モンゴル国立民族歌舞団「トゥメン・エヒ・アンサンブル」及び「軍隊歌舞団」にソリストとして所属。89年よりフランス、ロシア、日本、韓国、北朝鮮等世界各国で演奏。また、モンゴル国立音楽舞踏学校の講師として教鞭をとる。
99年より中国に留学し、中国上海音楽学院笛子専攻に入学し中国の笛子及び笙を学び04年に卒業。その間パウ、フルス、簫も習得。  04年より日本で、モンゴル国の伝統芸術を紹介、普及させるため、各地でのコンサートをおこなう他、大阪・東京で横笛やホーミーを指導している。  05年第6回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第1位、合わせて審査員長賞受賞。
モンゴル伝統芸術協会会長。モンゴル国ホーミー協会日本支部長。



山本敦子/ヨーチン(揚琴)
大阪音楽大学打楽器専攻卒業、同大学専攻科修了。幼少よりピアノ、エレクトーン等学び、12才より打楽器を始める。揚琴には高校時に出会い、音楽大学在学中、専攻の打楽器で01年第5回松方ホール音楽賞、03年第5回国際音楽コンクール万里の長城杯打楽器部門第1位を受賞するなど研鑽を積みながら、モンゴル国の揚琴(ヨーチン)をモンゴル国立音楽舞踏学校教授チルハスレン氏に、中国の揚琴(ヤンチン)を沈兵氏及び北京の中国音楽学院教授の項祖華氏に師事して学ぶ。 97~05年、民族楽器による楽団に所属し日本各地及び海外(シンガポール、中国北京、香港)での多くの公演に出演。現在はフリーの揚琴奏者として、ソロ、伴奏、アンサンブル等で演奏。 揚琴の独奏で、07年第8回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第2位(1位なし)。 モンゴル伝統芸術協会理事。日本打弦楽器協会会員。


毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 9月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月26日の演奏者は…
ギターの藤原盛企さん

2009.9


'85年、大阪に生まれる。これまでに中川亨、中川誠の各氏にギターを師事。
アンサンブルを柴田健氏に師事。
ギターの他にも作曲理論・二声対位法・楽曲分析・ソルフェージュ・ピアノ・声楽・リュート・龍笛等を学ぶ。
料亭・ホテル・レストラン・老人ホーム、その他多種多様な場所での演奏依頼を多数こなす。
相愛大学音楽学部を卒業。
現在、関西各地で演奏活動・講師活動を行う。
'06年 KEIHANCITY MALLで「シティモコンサート」に出演。
'07年 嘱望されるデビューエイジのためのフレッシュコンサート「蒼きMUSEの森」に出演。
第32回 日本ギターコンクール オヌール・ソロ部門;本選賞(4位)受賞。
第33回 日本ギターコンクール オヌール・ソロ部門;本選賞(4位)受賞。
第39回 クラシカルギターコンクール 第3位受賞
Guitar Entertainment Network会員
島村楽器 音楽教室 クラシックギター科講師


毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。



人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 8月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月29日の演奏者は…
ヴァイオリンの阪中美幸さん

2009.8

京都市立芸術大学音楽学部卒業。KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞、青山音楽賞受賞。
ルクセンブルク王立音楽院サマーセミナー、ザルツブルグ国際音楽セミナー修了。京都国際学生フェスティバル、東京JTアートホールアフィニス・NHK等。ヴァインガルテン、サンジェルマン・デ・プレ等海外でも出演。
樋口育世、橋本寿子、鷲山かおり、梅原ひまり、Mイウラート各氏に師事。
京都音楽家倶楽部、京都室内オーケストラメンバー

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン旬彩“旨魯”&KITCHEN“混”にて。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 7月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月25日の演奏者は…
オーボエの平井好子さん

2009.7


京都市立芸術大学音楽学部卒業。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業。
故岩崎勇教授、ヘルムート・ヴィンシャーマン教授に師事。
これまで、ドイツ・バッハゾリスデンをはじめとする多くのヨーロッパの著名な音楽家と数多く共演し、帰国後はリサイタル、
アンサンブルのコンサートを中心に演奏活動を行う。
また合唱団の指揮、指導も行い合唱とオーボエの演奏会も開いている。
現在、相愛大学音楽学部、大阪府立夕陽丘高校音楽科非常勤講師。大阪国際音楽コンクール審査員。

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 6月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月27日の演奏者は…
ヴァイオリンの板谷真以子さん


板谷真以子

プロフィール
大阪府出身。神戸女学院大学音楽学部卒業。リヒャルト-シュトラウス音楽院を経て、ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスタークラス修了。
00年より毎夏フィンランドに渡り、クフモ室内楽音楽祭および サヴォンリンナミュージックアカデミーにてマーク・ルボツキー、シュムエル・アシュケナージ(フェルメール・カルテット)、マルコ・ユロネンの各氏や、エネスコ弦楽四重奏団、オルフェウス弦楽四重奏団のメンバーなどのもとでソロ、室内楽を学ぶ。
これまでに横山莞五、辻井淳、ルドルフ・キュッカート、マーク・ゴトーニの各氏に師事。
02年ミュンヘン、ライメン(ドイツ)、08年東京、09年大阪でのヴァイオリンとピアノのデュオリサイタルや、09年3月にはpiano trio ars longaを結成し、デビューリサイタルを開催するなど、現在室内楽、オーケストラなどで関西を中心にコンサート活動を行っている。

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷRe昭和町 5月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。
今月30日の演奏者は…
フルートの矢野正浩さん

2009.5

1987年武蔵野音楽大学音楽部器楽科首席卒業、同年第57回読売新人演奏会に出演、ザルツブルグ、モーツァルテウム音楽大学を経て、1990年旧西ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学、大学院を最高点で終了。
同校在学中よりユンゲスフィルハーモニシェスオーケストラ・シュトゥットゥガルトメンバーとしてドイツ各地で演奏、録音をおこなう。1992年フィンランド、ヨエンスウ市立管弦楽団に首席フルート奏者として入団、同時にシベリウスアカデミー音楽大学クオーピオ校専任講師に就任、1996年より室内オーケストラ”アンサンブル・神戸“を主宰し定期演奏会は27回を数える。2001年より神戸21世混声合唱団を組織し指揮者となる。演奏家として関西を中心にリサイタルや室内楽演奏会を開催している。
1998年第2回松方ホール音楽賞大賞受賞。
2007年1月 NHK FM 名曲リサイタルに出演。
平成20年度神戸市文化奨励賞受賞。
大阪国際音楽コンクール審査員。

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。



人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

“どっぷり昭和町2009”

毎年4月29日【昭和の日】に、大阪の【昭和町】にある【昭和建築の文化財】で【昭和】を味わうお祭り

色んなジャンルの演奏される中、大阪国際音楽コンクール選抜メンバーの弦楽カルテットで参加しました。

演奏は…
1stヴァイオリン 阪中美幸
2ndヴァイオリン 北野裕孝
ビオラ 井尻和喜
チェロ ウィリアム・プランクル

演奏曲目は、
滝 廉太郎;花
岡野貞一;ふるさと
原 六朗;お祭りマンボ
カルロス・ガルデル;ポル・ウナ・カベサ
パッヘルベル;3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグより カノン


演奏中
長屋の2階から、路地に向かって演奏します。
ヴァイオリンとビオラは立って演奏していますが、チェロは座っているので見えません。


まだ演奏中
路地には、色んな出店が出て賑わっています。
まだ、演奏中です…


やっと見えたチェリスト
演奏終了後、やっと右端にチェリストの姿が見えました。


理事たち
どっぷり昭和町実行委員長の岸本さんと当コンクールの理事たち




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

どっぷり昭和町 プレ演奏会

もうすぐどっぷり昭和町!
その前にプレ演奏会があります。4月25日、演奏者は…
チェロのウィリアム・プランクルさん

ウィリアム・プランクル

チェロを12歳よりS.ドアン氏の下で始める。コロンビア大学(英文学専攻)に在学中、ドラン賞を授与し、ニューヨーク・フィルの首席チェロ奏者、C. ブレイ氏のレッスンを4年間受ける機会を得る。同大学卒業後、ラパポート奨学金を得てハンガリー国立リスト音楽院にて研鑽を積み、チェロをバルトーク弦楽四重奏団のチェリストL.メゾ氏に、室内楽をF.ラドッシュ氏に師事。同大学在学中、バロック・アンサンブル「ズレタ・トリオ」を結成し、スペインと南フランスへ演奏旅行を行う。米国帰国後、奨学金を得てフロリダ州立大学大学院で学び、修士課程(チェロ専攻)を修了。
チェロをL.ゲオリギエフ氏に、チェンバロとバロック音楽の演奏慣習をK.ローワナー氏に師事。同大学在学中、二つのプロのバロック・オーケストラに所属する。2000年スワニー音楽祭のコンチェルト・コンクールにて優勝。
文部科学省奨学金留学生として京都市立芸術大学にてチェロを上村昇氏に師事し、京都大学にて日本語を学ぶ。
2003年より、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西フィルハーモニー管弦楽団でチェロを演奏し、京都・国際音楽学生フェスティバル、大阪国際音楽祭にて通訳・翻訳を手がける。現在、立命館大学などで後進の指導にあたる。

毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン旬彩“旨魯”KITCHEN&BAR“混”にて。



人気ブログランキングへ
ミニコンサート |

昭和町の長屋でコンサート♪

来る2月28日、大阪・昭和町にある長屋レストランで、ミニコンサートが開かれます。
記念すべき第1回目を飾るのは…
ヴァイオリンのマウロ・イウラートさん

マウロ・イウラート 

ジュゼッペ・ヴェルディ国立音楽院にてマッシモ・マリン教授に師事し、1997年に最優秀成績で卒業、同年に「デ・ソノ」音楽協会より奨学金を得て、フランコ・グッリ、コッラード・ロマーノ、サルヴァトーレ・アッカルドなどに師事する。1998年にウィーン国立音楽大学に入学、ミヒャエル・フリッシェンシュラーガー教授のもとディプロマを取得。ストレーザ、トルトーナ、ビエッラ、ヴィットリオ、ヴェネトなど数々の国立及び国際コンクールで優勝。
その他リサイタル、コンチェルト、アンサンブルなどで広く成功を収めてきた。2002年にミヒャエル・フリッシェンシュラーガー教授と「ラ・ヌオヴァ・アルカ」音楽協会と共に、WTV (ウィーン・トリノ・ヴィルトゥオージ)国際室内楽団を結成している。
大阪フィルハーモニー交響楽団に、コンサートマスターとしてゲスト出演。
ウィーン国立音楽大学より派遣され、大学やマスタークラス等にて後進の指導に当たっている。

地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。
皆様のお越しをお待ちしております。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。