大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

“伝説のヴァイオリニスト"大阪国際へ

“伝説のヴァイオリニスト"イダ・ヘンデル氏が、10月7日のファイナル終了後の午後7時より、兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールで、ヴァイオリン リサイタルを行ないました。

当日は台風が近づいており、強風などで交通機関も乱れていましたが、開場前から多くの方が詰め掛けました。昔からのファンだとおっしゃる年配の方、名前も知らなかったけれど知り合いにすすめられて来たという学生さん、様々な方々が来られました。

イダ・ヘンデルコンサート


若いハンサムなピアニストに手をひかれ登場した彼女は、84歳とは思えないしっかりとした演奏で次々と曲を披露して観客を驚かせました。終演後にはサイン会まで行ない、長蛇の列となったファンたちにサインだけでなく、話したり握手をしたり、演奏後の疲れも見せず、最後の一人まで同じようにされました。

そして、台風の去った次の日…なんと、うはらホールでのコンチェルト部門の審査に駆けつけてくださったのです!!審査に入る予定はありませんでしたが、前日のコンサートがとても気分良かったとおっしゃり、とても楽しそうに、時間の許す限り審査をして帰国の途へ着かれました。

Ida Handel
他の審査員方と




人気ブログランキングへ
コンサート |

どっぷRe昭和町 10月の演奏者

毎月最終土曜日恒例どっぷRe昭和町。

今月31日の演奏者は…

リンベ(横笛)、ホーミーのM.サウガゲレルさんとヨーチン(揚琴)の山本敦子さん

2009.10


M.サウガゲレル/リンベ(横笛)、ホーミー
モンゴル国ウランバートル市生まれ。8歳よりリンベを始め、モンゴル国立音楽舞踏学校、モンゴル国立文化芸術大学にてリンベ及びホーミーを学ぶ。16歳の時、モンゴル全国リンベコンクールプロ部門銀賞受賞。在学中、モンゴル国立民族歌舞団「トゥメン・エヒ・アンサンブル」及び「軍隊歌舞団」にソリストとして所属。89年よりフランス、ロシア、日本、韓国、北朝鮮等世界各国で演奏。また、モンゴル国立音楽舞踏学校の講師として教鞭をとる。
99年より中国に留学し、中国上海音楽学院笛子専攻に入学し中国の笛子及び笙を学び04年に卒業。その間パウ、フルス、簫も習得。  04年より日本で、モンゴル国の伝統芸術を紹介、普及させるため、各地でのコンサートをおこなう他、大阪・東京で横笛やホーミーを指導している。  05年第6回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第1位、合わせて審査員長賞受賞。
モンゴル伝統芸術協会会長。モンゴル国ホーミー協会日本支部長。



山本敦子/ヨーチン(揚琴)
大阪音楽大学打楽器専攻卒業、同大学専攻科修了。幼少よりピアノ、エレクトーン等学び、12才より打楽器を始める。揚琴には高校時に出会い、音楽大学在学中、専攻の打楽器で01年第5回松方ホール音楽賞、03年第5回国際音楽コンクール万里の長城杯打楽器部門第1位を受賞するなど研鑽を積みながら、モンゴル国の揚琴(ヨーチン)をモンゴル国立音楽舞踏学校教授チルハスレン氏に、中国の揚琴(ヤンチン)を沈兵氏及び北京の中国音楽学院教授の項祖華氏に師事して学ぶ。 97~05年、民族楽器による楽団に所属し日本各地及び海外(シンガポール、中国北京、香港)での多くの公演に出演。現在はフリーの揚琴奏者として、ソロ、伴奏、アンサンブル等で演奏。 揚琴の独奏で、07年第8回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第2位(1位なし)。 モンゴル伝統芸術協会理事。日本打弦楽器協会会員。


毎月最終土曜日午後8時より、地下鉄御堂筋線『昭和町駅』下車、4番出口から西へ歩いてすぐの路地を入った長屋レストラン 旬彩“旨魯”& KITCHEN BAR“混”にて。




人気ブログランキングへ
ミニコンサート |
| ホーム |