大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

憲政の神さま尾崎行雄氏とワシントンの桜

今、日本が1912年に桜の苗木を送ってから100周年を迎えるということを記念し、ワシントンの桜祭りが例年より期間を延長して催され、その様子がTVや新聞で報道されています。

実は、当コンクールはこの「ワシントンの桜」に、少しご縁があります。
コンクール立ち上げ時からの理事尾崎行信氏は、当時のタフト大統領夫人が桜に非常に興味を持っている事を知り、ポトマック河畔に植える桜を送られた憲政の神、尾崎行雄氏のお孫さんなのです。
命がけで自由民権運動に生涯を捧げられた事は、日本史でならいましたね。

実行委員長の伯父様のご友人でいらっしゃった尾崎氏が、コンクールの設立趣旨に賛同され、現在も理事として支えてくださっています。
私達がワシントンに旅行した折に、絵葉書をお出ししたら、お祖父様のことを懐かしむお返事を頂きました。
最高裁判事を退かれた後は、弁護士として活躍されています。

今日は急に暖かくなったので、1日で花がほころんできました。春ですね。

sakura
2012年3月28日読売新聞夕刊より

雑記 |

Child Aid 2011

第10回コンチェルトコース第2位の和田明佐美さんが、昨年末にシンガポールで行なわれた「Child Aid 2011」に日本代表で招かれて演奏を披露した様子が、こちらにアップされています。

大統領はじめ、アジア各国から著名人がお見えになり、和田さんはとりを務めました。
自然に涙がでる演奏、心に響く演奏との観衆の声。連日新聞に載り、評価を頂いたということです。

ChildAid2


ChildAid1

その後の活躍 |

フレンドシップ ガラ コンサート 開催!

早いもので、もう3月も半ば。
新年度に向け、あわただしく過ぎていきますね。

さて、来週3月23日、今年初めイベント「ウィーン~大阪フレンドシップ ガラ コンサート」がムラマツリサイタルホール新大阪にて行われます。
昨年の入賞者を中心としたファイナリストが集まり、3部制での開催です。
なんと、この日に合わせてウィーン国立音楽大学のクロイツベルガー教授が来日されることとなっています!
コンサート終了後には懇親会も予定されていますので、出演者やその関係者等交えてご歓談いただけ、楽しい1日となりそうです。

只今、チケット発売中。
当日券も販売される予定ですが、お越しの際は予め前売り券をお求めくださいね。

20120323

コンサート |

大阪医科大学調印式依頼演奏

3月1日、大阪医科大学と台北医科大学の協定調印式・懇親会がホテル阪急インターナショナルで行われ、当コンクールのヴィルトーゾコース第1位のヴァイオリニスト北野裕孝さん、オフィシャル伴奏者のピアニスト新居由香里さん、審査員のチェリストの池村佳子さん3人で、メンデルスゾーンのピアノトリオNo.1第1楽章他2曲を演奏しました。



調印式の会場内は、いつもこんな感じです。
リハーサル2 


調印式の準備もできていました。
調印するところの大学の国旗と日の丸が、いつものようにテーブルに用意されています。
調印式


入り口には、立派な看板が出ていました。
看板 


会場入り口前はとても広く、素敵なところ。
阪急インターナショナル宴会場 


演奏終了後、大阪医科大学と海外各国の医科大学との国際交流提携を推進されている、
中山国際医学医療交流センター長の河野公一先生と一緒に記念撮影。
記念撮影 


演奏はとても好評で、皆さん喜んでおられたとのこと。
お疲れ様でした。
雑記 |
| ホーム |