大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Deep regret

フィッシャー・ディスカウ氏が亡くなり、冬の旅を聴いた時のように荒涼たる気持ちになっていましたのに…
昨日、フランスで学ばれた方より、大阪国際音楽コンクールの名誉委員のフランス・クリダ先生逝去のメールが届きました。癌で、17日夜に旅立たれたそうです。
巨きな星々が堕ち、時代が変わっていくのを感じます。

初代名誉芸術監督のムニエ先生とも仲良く、お二人共音楽には厳しいけれど、人間としては温かく魅力あふれる方でした。
「来日された2006年、お部屋見舞いにプレゼントされた大阪国際音楽コンクールのラベルのシャンパンをとても気に入られ、パリに大切にお持ち帰りになったのを思い出します。
ホテルの部屋で、嬉しそうに見せてくださいました。いい先生でしたので、寂しいです…」と教え子のピアノの先生からメールを頂きました。

             どうか安らかに…合掌。
スポンサーサイト
未分類 |

ストリング カルテット

21日は、各地で素晴らしい天体ショー金環日食が見られたと、報道されています。
大阪は曇天が幸いし、ラッキーなことに肉眼で簡単に見られました。

この日は、当コンクールにとってもラッキーなことがありました。
大阪国際音楽振興会の理事であり、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン理事長の上野製薬社長からのお誘いで、灘校出身の関西経済界重鎮のパーティでOIMC Quartetの演奏をさせていただきました。
このQuartetは、大阪国際音楽コンクールの入賞者や審査員でこの日の為に組んだ四重奏団、司会は同振興会理事の佐野大会会長でした。

リハーサル

メインテーブルとリハーサルの様子


上野社長の音楽に対するメセナ活動、所有されているストラディバリウス他、名だたる楽器、そして2つのホールのお話をされましたが、オーストリア建築の美しいホールでは、ベルリンフィル、ウィーンフィル他、著名な方々のコンサートが数多く催されてきました。
上野製薬株式会社はオーストリア名誉総領事館でもあり、お母様は名誉総領事を、上野社長は副領事を務めておられます。
当コンクールも、オーストリアとの強いつながりがあり、パーティに出席の方にコンクールの紹介と共に、弦楽器の演奏をということでお誘いいただきました。

皆様、さすがに静かに聴いてくださり、多くのあたたかい拍手で奏者も満ち足りた気持ちで会場を後にしました。

                     Quartetのプログラム
gokeikai_program.jpg
                                    


その後打ち上げにと、誰もまだ行ったことがないという本町にあるセントレジスホテルの12階にあるセントレジスバーに行き、景色を楽しみながら乾杯し、帰路につきました。

St.Regis

ミニコンサート |

北ドイツ放送交響楽団来日公演

来週5月24日に、NDRが来日します。
大阪国際音楽コンクールのハンブルク支部長をしてくださっている人はここの首席チェリストで、その他のメンバーも年によりハンブルク地区本選の審査員であったり、当コンクールの委員であったりという、素晴らしい関係です。
大阪に来られたら、お食事をする予定です。又後日ご報告します。

只今、参加申し込み受付中です。
もう既に何名かの申し込みが来ています。
予選を受ける人は早めに送ると、結果が早く出て地区本選の準備に時間が取れますから、お早めにご準備ください。

ハンブルク北ドイツ放送交響楽団 2012年5月 来日ツアーの詳細は、こちら
コンサート |

琵琶・プラス 2012

当コンクール民俗楽器部門審査員のギニャール先生が、今週末と来週末に琵琶と能の会を開催されます。
昨年10月に琵琶の会にお邪魔しましたが、ギニャール先生の語りは素晴らしかったです。
詳しくは、こちら

琵琶・プラス 2012

コンサート |

ショパン国際ピアノコンクールHartford,CT

プログラムが届きました。
大阪国際音楽コンクールはゴールドスポンサーらしく?裏表紙にも豪勢に、又、中のページにも載っていました。
日本からも数人参加しています。
これから提携コンクールとしてお互いに参加しあい、良い成績を上げてもらえると嬉しいです。

program-a program-b

コンクール |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。