大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

~Master Class Professor マスタークラス講師~

Prof Stefan Kropfitsch シュテファン・クロプフィッチュ (Vc)

123 - sトビアス・キューネ教授の下でチェロを始め、アンドレ・ナヴァラに師事する。
ウィーン国立音楽大学を最優秀で卒業。
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のカール・ベーム賞など、数多くの賞を獲得。
モーツァルテウム管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団、南西ドイツ放送交響楽団、ニーダーエスターライヒ・トーンキュンストラー管弦楽団、リュブリアナフィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク•フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラと協演し、ソリストとして世界的に活躍している。また、ラジオ放送も数多い。
著名なピアノトリオ“イェス・トリオ・ウィーン”でチェリストを務め、世界の著名な音楽ホールにて、これまでに1500回以上の演奏を行っている。
20年間、ウィーン・コンツェルトハウスにて、イェス・トリオの定期演奏会を行っている。
EMI、GramolaよりレコードやCDを数多くリリース。
2004年よりウィーン国立音楽大学教授。
2006年よりウィーン国立音楽大学弦楽器部の学部長を務める。
イタリア・ナポリ1766年製のガリアーノ・チェロを使用。

In early years begin of cello lessons with Prof. Tobias Kühne, pupil of Andre Navarra.
Diplom with highest distinction on the “Hochschule für Musik” of Vienna.
Winner of numerous prizes as the Dr. Karl Böhm Prize of the Vienna Philharmonic Orchester.
Stefan Kropfitsch performs as Soloist worldwide with such orchestras as Mozarteum Orchestra of Salzburg, Moscow Philharmonic Orchestra, Festival Strings of Lucerne, Orchestra of Südwestdeutschen Rundfunk, Niederösterreichischen Tonkünstlern, Philharmonic Orchestra of Ljubljana, Philharminic Orchestra of St. Petersburg.
Numerous Radio recordings.
Stefan Kropfitsch is cellist in the famous piano trio “ Jess-Trio-Wien”. With his ensemble he played already more than 1500 concerts in all important music centers of the world.
Since 20 years he performs in an own concert-cycle with his Jess-Trio in the “Wiener Konzerthaus”.
Numerous LPs and CDs with the labels EMI and Gramola.
Since 2004 he is Professor for Violoncello at the University of Music in Vienna.
2006 he was appointed as Director of the Department of Strings of the University of Music in Vienna.
He plays on his Gagliano Cello 1766, Naples, Italy.
マスタークラス |

~Meet the Jury 審査員のご紹介~

Dr Waseem Kotoub ワシーム・コトブ

photo - blog

“ワシーム・コトブは、感受性の豊かさと曲への深い理解力を併せ持った有望なピアニストである”と雑誌で評される実力派ピアニストである。
イギリス・バーミンガム生まれ。ウラジーミル・ザレツキーより音楽の手ほどきを受け、確固たるピアニストとしての経験を積む。KRSFからのスカラシップを得て、英国王立音楽院にてダイアナ・ケトラーのもとで学び、ピアノ演奏およびピアノ教育資格の修士を取得する。ダニエル・バレンボイム、イムレ・ローマン、クリストファー・エルトン、ヴィクター・ブーニン、ゾルタン・コティック、パスカル・ネミロフスキ、ペトラス・ゲニューシャス等のマスタークラスを受講。
IBLAピアノコンクール(イタリア)やKRSFコンクール第1位として、ソルヒ・アルワディ、アーマッド・アル・サイーディー、セバスティアン・ヴァイグレ等の指揮のもと、シリア国立交響楽団やブランデンブルグ国立管弦楽団などのオーケストラと協演。
バルトークフェスティバルのファイナルリサイタルやシリアオペラハウスのオープニングナイトの演奏者に選ばれる。また、ハンガリーのバルトークフェスティバル、ドイツのバビロンフェスティバル、ウェスト=イースタン・ディヴァンワークショップ、イギリスのダリッジ・カレッジ・リサイタルホール、デヴィッド・ジョセフォヴィッツリサイタルホール、デュークスホールの他、レバノンやオマーン、ヨルダンなどの著名なフェスティバルやコンサートホールにてソリスト、室内楽の一員として演奏する。
ワリード・ハヤールのピアノ作品のレコーディング。
DWチャンネルや国営ラジオチャンネル3など、シリアやドイツにてテレビ、ラジオに出演。
医学の学位も持ち、医学と音楽を融合させて、特別支援を必要とする人たちとの対話や発達的視点を踏まえた音楽療法を実践している。
また、自閉症児には、音楽をコミュニケーションと能力開発の手段として用いた音楽療法を行っている。
リバプール熱帯医学学校にて、医療制度および病院経営の修士を取得する。
ソルヒ・アル・ワディ国際ピアノコンクール芸術監督および審査委員長。High Institute of Music in Damascus鍵盤学科主任。ブリティッシュ・カウンシルにて、アートプロジェクトマネージャーを務める。

“….Waseem Kotoub is a promising talent that has a high sensitivity and deep understanding in his piano playing”. What’s on Magazine.
Waseem Kotoub was born in Birmingham and received most of his musical education from Vladimir Zaretisky. He has already gained a solid pianistic experience. He was awarded a scholarship from KRSF to study at the Royal Academy of Music in London with Diana Ketler which he graduated from with merit and got his two masters in piano performance and the LRAM in piano teaching. He has participated in several master classes with eminent musicians such as Daniel Barenboim, Imre Rohman, Christopher Elton, Victor Bunin, Zoltan Kotich, Paskal Nimorofski and Petras Geniušas.
As a special prize winner of IBLA piano competition in Italy, first prize winner of KRSF competition he has been playing with several orchestras such as the Syrian national symphony orchestra and Brandenburg national orchestra under the baton of many conductors such as Solhi Al-Wadi,Ahmad Al-Saiedi(director of Egyptian opera house), and Sebastian Wiegle(Daniel Barenboim’s collaborator).
He has been chosen to play in many special occasions such as the final recital of the Bartok festival and the opening night of the Syrian opera house. He has already played as a soloist or as a chamber music player in prestigious International Festivals and concert halls such as Bartok Festival in Hungary, Babylon festival, Western-Eastern Divan Workshop in Germany, Dulwich College Recital hall, David Josefowitz recital hall and Duke’s Hall in London. He has performed in various venues in London, Hungary, Italy, Germany, Lebanon, Oman, and Jordan.
He recorded Walid's Hajjar piano works.
Waseem has made television and radio appearances in Syria and in Germany on DW channel and national radio channel 3.
He got a diploma in medicine and managed to merge between Medicine and Music and used Music Therapy to communicate and develop people with special needs. He has worked with autistic children using music as a mean of communicating and skills developing tool. He got his master in Health system and hospital management from Liverpool school of tropical medicine.
Waseem Kotoub is an Artistic Director and head of the jury of the Second Solhi Al Wadi International Piano Competition for Youth and acts as head of keyboard department at the high institute of music in Damascus. Waseem is the arts project manager at British council.
コンクール |
| ホーム |