大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

地区本選 後2日で終了!

8月12日から東京①、大阪、兵庫②、福岡、和歌山、広島、富山と7ヶ所の地区本選が
あっという間に終了し、もう8月も最終日!

28日から東京②、兵庫③、神奈川①の3日間が終了し、後は、明日の神奈川②と9月2日の
東京④を残すのみとなりました。

お盆を挟んだ、あっという間の3週間。
もう明日から、9月ですね。

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

お盆には、ご先祖の供養も忘れずに。四天王寺さんの万灯供養でに行きました。



初のさくら。九州行きは座席が広くて乗り心地良いデスね~
さくら


広島での夕食に入った炉ばた焼きのお店。
お魚、お肉は勿論ですが、炭火で焼いでくれるお野菜が何もかも大ぶりの立派なもので、
どれも美味しかった!
エネルギー充填完了です。
蜂やさん


初めての“がんす”
ご当地ものは「試す派」です!
がんす


そして、初のN700A…何が違うか…これはN700の改造版だそうで、
目に見えてわかるのは、ロゴだけでした~
fc2blog_20130829183623258.jpg
コンクール |

~Meet the Jury 審査員・マスタークラス講師のご紹介~

Prof Andrés Cárdenes アンドレス・カーディナス

IMG_5485-Edit_blog.jpg音楽の奇才として世界に認められ、グラミー賞候補にも挙がったアンドレス・カーディナスは、クラシック音楽の多様な職の1つに彼の限りない才能を注いでいる。激しく、情熱的でカリスマ性を備えたアーティストであるカーディナスは、キューバに生まれ、非常に魅力的なソロや指揮、ヴィオラ、室内楽、コンサートマスター、レコーディング作品などで、評論家や聴衆より国際的な名声を得る。
1982年にモスクワで開催されたチャイコフスキー国際ヴァイオリンコンクールで2位を獲得して以来、ソリストとして、フィラデルフィア、ピッツバーグ、ロサンゼルス、セントルイス、モスクワ、バイエルン放送、ダラス、ヘルシンキ、上海、カラカス、バルセロナ等、4大陸で100以上のオーケストラと共演。今日の偉大な指揮者と称される、ロリン・マゼール、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、マリス・ヤンソンス、シャルル・デュトワ、クリストフ・エッシェンバッハ、アンドレ・プレヴィン、レナード・スラットキン、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、デイヴィッド・ジンマン、マンフレート・ホーネック等と協演。
指揮者としての地位も確立しつつあり、バイエルン放送交響楽団、ダラス交響楽団、イエ・ヴェストファーレンフィルハーモニー、ニュー・ウェスト交響楽団、サンディエゴ交響楽団、ベネズエラ交響楽団、ベートーヴェン財団管弦楽団(サンティエゴ・チリ)、OFUNAM交響楽団(メキシコ)等との協演は高い評価を得ている。
2012年よりスタンダードとコンテンポラリーの協奏曲をレコーディングするプロジェクトを継続している。2009年には、アルテック・レコーディンング、アルバニー・レコードより、ブラームス、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、バーバー、デイヴィッド・ストックの協奏曲をリリース。2011年には、バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番とヴィオラ協奏曲の新版のレコーディングと共に、ピアニストのイアン・ホブソンとソナタ作品の録音を行う。また、同年1月にナクソスよりレオナルド・バラダ作曲のヴァイオリン作品全集をリリース。アルテックレコーディングよりヒンデミットのソナタ全集、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ゼファーをゼファーより2011年1月にリリース。オーシャンレコード、ナクソス、ソニー、アラベスク、RCA、プロアルテレコード、テラーク、アルテック、メロディア、エンハーモニック等のレーベルより協奏曲、ソナタ、小品、室内楽を24以上レコーディングしている。
これまでに、ストラトヴァリウス国際ヴァイオリンコンクールにて審査員長を2度務めた他、2011年のチャイコフスキー国際ヴァイオリンコンクールの審査員も務めた。
2012年には、インディアナ大学のジョーゼフ・ギンゴールドの助手として始まった教育者としてのキャリア35周年を迎えた。現在、カーネギーメロン大学音楽学部教授。トロント王立音楽院、マンハッタン音楽学校、クリーブランド音楽大学、カーティス音楽院の他、米国内の主要な音楽大学、音楽院にてマスタークラスを行っている。
2008年には、指揮者を務めるストリング・フェスティバル・オーケストラがあるコロラド州スティームボート・スプリングズ・ストリング・ミュージック・フェスティバルの音楽監督に妻のモニク・ミードと共に任命される。
ディアス・トリオ、カーネギーメロン・ピアノトリオでヴァイオリニストを務める。
1980年から1991年までユニセフの文化交流使を務め、芸術における不屈の代弁者であるカーディナス氏は、主にロサンゼルス市、上海、メキシコ赤十字社などより、教育、演奏、レコーディング、人道支援に対し数々の賞を受賞する。
1997年にピッツバーグ・マガジンにて最優秀賞クラシックアーティスト賞に選ばれ、2001年には、国際ユダヤ人センターより、音楽を通しての世界平和貢献を称えShalom賞を授与される。
1989年にロリン・マゼール氏よりピッツバーグ交響楽団のコンサートマスターに指名される。2010年のシーズン終了後に退団し、指揮、ソロ、室内楽に専念している。

Recognized worldwide as a musical phenomenon, Grammy-nominated Andrés Cárdenes parlays his myriad talents into one of classical music’s most versatile careers. A ferocious, passionate and personally charismatic artist, Cuban-born Cárdenes has garnered international acclaim from critics and audiences alike for his compelling solo violin, conducting, viola, chamber music, concertmaster and recorded performances.
Since capturing the Second Prize in the 1982 Tchaikovsky International Violin Competition in Moscow, Mr. Cárdenes has appeared as soloist with over one hundred orchestras on four continents, including those of Philadelphia, Pittsburgh, Los Angeles, St. Louis, Moscow, Bavarian Radio, Dallas, Helsinki, Shanghai, Caracas and Barcelona. He has collaborated with many of today’s greatest conductors, including Lorin Maazel, Rafael Frühbeck de Burgos, Mariss Jansons, Charles Dutoit, Christoph Eschenbach, Sir André Previn, Leonard Slatkin, Jaap van Zweden, David Zinman and Manfred Honeck.
Mr. Cárdenes is in growing demand as a conductor. His appearances with the Bavarian Radio, Dallas Symphony, Neue Philharmonie Westfalen, New West Symphony, San Diego Symphony, Sinfonica de Venezuela, Orquesta Fundacíon Beethoven (Santiago, Chile), and the OFUNAM Orchestra of Mexico City have received rave reviews. Headlines proclaimed “Cárdenes conducts Pittsburgh Symphony with epic mastery” (Pittsburgh Tribune-Review) after stepping in for an ailing Robert Spano. Mr. Cárdenes served as Artistic Director and Leader of the Pittsburgh Symphony Chamber Orchestra from its inception in 1999 through 2009.
This year and next Mr. Cárdenes continues his project to record many standard and contemporary concerti. Released in 2009 are recordings of concerti by Brahms, Mendelssohn, Beethoven, Barber and David Stock on the Artek and Albany labels. Plans to record Bartok’s Second Violin Concerto and the new version of the Viola Concerto are slated for 2011, along with other sonata recordings with pianist Ian Hobson. A recording of the complete works for violin by Leonardo Balada was released on Naxos in January 2011, with the complete Sonatas by Hindemith on Artek, and the Beethoven Violin Concerto on Zephyr, to be released in the fall of 2011. Cárdenes’ discography includes over two dozen recordings of concerti, sonatas, short works, orchestral and chamber music on the Ocean, Naxos, Sony, Arabesque, RCA, ProArte, Telarc, Artek, Melodya and Enharmonic labels.
Mr, Cardenes has twice served as President of the Jury of the Stradivarius International Violin Competition and was on the jury of the 2011 Tchaikovsky International Violin Competition in St. Petersburg, Russia.
The year 2012 marked the 35th anniversary of Mr. Cárdenes’ renowned teaching and pedagogical career, which began as an assistant to his teacher and mentor Josef Gingold at Indiana University. Today, Mr. Cárdenes continues Professor Gingold’s legacy and discipline while holding the title of Distinguished Professor of Violin Studies and the Dorothy Richard Starling/Alexander Speyer Jr. Endowed Chair at Carnegie Mellon University’s School of Music. In addition, Cárdenes gives Master Classes regularly at the Royal Conservatory of Music in Toronto, the Manhattan School, Cleveland Institute, The Curtis Institute, and at virtually every major university and conservatory in the United States.
In 2008, Cárdenes and his wife Monique Mead were appointed Music Directors of Strings Music Festival in Steamboat Springs, Colorado, where Cárdenes serves as Conductor of the Strings Festival Orchestra. He is the violinist of the Diaz Trio and the Carnegie Mellon Piano Trio.
A Cultural Ambassador for UNICEF from 1980-1991 and an indefatigable spokesperson for the arts, Mr. Cárdenes has received numerous awards for his teaching, performances, recordings and humanitarian efforts, most notably from the cities of Los Angeles and Shanghai and the Mexican Red Cross. He was named Pittsburgh Magazine’s 1997 Classical Artist of the Year and received the 2001 “Shalom” Award from Kollell’s International Jewish Center for promoting world harmony and peace through music.
Mr. Cárdenes was appointed Concertmaster of the Pittsburgh Symphony Orchestra by Maestro Lorin Maazel in 1989 and departed after the 2010 season to concentrate on his conducting, solo and chamber music careers.
コンクール |

~Meet the Jury 審査員のご紹介~

Prof Nancy Tsui-Ping Wei ナンシー・ツイ・ピン・ウェイ

無題アメリカ生まれの台湾人。現在はタイに在住。豊富な芸術、音楽文化のもとに育ち、ユース声楽コンクールやヤングアーティスト声楽コンクールなどで数々の賞を受賞する。台南女子技術學院にて声楽を学び、後にアメリカに移住し、ヒューストン大学とジョージ・メイソン大学にてそれぞれ学士および修士を得る。
1995年よりマヒドン大学音楽部で教鞭をとり、現在は声楽科の主任を務める。若い声楽科の指導を熱心に行い、彼女の指導の下、生徒たちは国際スカラシップやタイ政府のスカラシップを得た他、タイ国内外の声楽コンクールにて受賞者、ファイナリストとなり、バリーアレキサンダー国際声楽コンクール(USA)やカーネギーホール、コシチューシコ財団ホールでの受賞者コンサートに出演。また、2011~2013年に彼女の生徒は、ザルツブルク・モーツァルテウム大学、ウィーン国立音楽大学へのタイ=オーストリアスカラシップを得た他、タイ・フィルハーモニー管弦楽団、タイ・オペラ・ミュージカルシアターカンパニー、バンコクオペラ、バンコク交響楽団、大学オペラ、コーラスなどにて、ソリストとして活躍している。
台湾を代表するソプラノ歌手Chen Li-Shiang、Tsai Shun-Mei、ジーン・プレストン、チャールズ・ハウスマンに師事。理論と作曲をデヴィド・ホワイト、ジョン・スナイダーに習い、多大な影響を受けたグレン・スミスのもとで修士を得る。彼女が作曲した曲は、Tainan Fu-Shing Radio Stationやジョージ・メイソン大学や演奏会にて演奏されている。
国内外の声楽、合唱のコンクールの審査員を務める。2011年5月に、ウィーン国立音楽大学のタイ=オーストリア教師交換プログラムへのASEA-UNINET(アジア欧州研究大学ネットワーク)スカラシップを授与される。1992年より米国音楽指導者協会会員および同協会認定教師。声楽の指導の他、リサイタルやワークショップ、マスタークラス、トレーニングプログラムなどを行っている。

Nancy Tsui-Ping Wei is a Taiwanese born American now resides in the Kingdom of Thailand. As a child nurtured in abundant art and music cultures, she received many awards from Youth Vocal Competitions and Young Artist’s Singing Competitions. She continued her vocal study at Tainan Woman’s College of Arts and Technology, and later immigrated to USA where she earned her Bachelor and Master degree at the University of Houston, and George Mason University respectively.
Currently the Chair of Classical Voice Department, Nancy has been on the faculty of College of Music, Mahidol University since 1995. Teaching and nurturing young vocal talents has been her focus and passions. Under her studio tutorage, her students are the recipients of international scholarships and Thai government scholarships. Her students are the winners and finalists in the national and international vocal competitions, and have been invited to the competitions and the Winners’ Concerts such as the Barry Alexander International Vocal Competition USA, the 1st and 2nd Prize Winners’ Concerts both in Carnegie Hall, and Kosciuszko Foundation Auditorium in New York, USA. In 2009, 2010, and 2012 her students were the 1st Prize Winners in the Osaka International Music Competition (in University and High School categories respectively). In 2007, 2009, 2011 and 2012, her students were the 1st Prize Winners of Thailand Settrade Music Competition in University category. In the past three years (2011, 2012, and 2013), her students were awarded the prestigious Thai-Austrian Scholarships to study Vocal Performance in the University of Mozarteum in Salzburg, and University of Music and Performing Arts Vienna, Austria. Among others, her students are soloists in Thailand Philharmonic Orchestra, Thailand Opera and Musical Theater Company (TOMC), Bangkok Opera, Bangkok Symphony Orchestra, as well as the soloists in the Choir Department and the College’s opera productions.
Her principal teachers include the leading sopranos in Taiwan Chen Li-Shiang, Tsai Shun-Mei, Jean Preston and Charles Hausmann, and in theory and composition David White, John Snyder, and completed her Masters with Glenn Smith, with whom she received significant musical influence. Her compositions have been performed at Tainan Fu-Shing Radio Station, George Mason University and in the public recitals.
Nancy has been on judging committees for several regional and international vocal and chorus competitions. In May 2011, she received honorable ASEA-UNINET scholarships for Thai-Austrian Teacher Exchange Program in University of Music and Performing Arts in Vienna, Austria. She is a National Certified College Faculty by Music Teachers National Association, USA with which she has been a member since 1992. Besides teaching voice, Nancy performs in the recitals as well as giving workshops, master classes, and training programs.
コンクール |
| ホーム |