大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

愛知ピアノコンクール

先週末は、「愛知ピアノコンクール」の審査に行ってきました。
既に28回を迎えられ、老舗のコンクールです。ショパンinアジアも、元はこのコンクールの主催者が立ち上げられたものです。
プログラム審査員 

今日は、大学・一般の部51人。最近は、近現代曲を派手に弾くところが多いのに、今日は何とバッハ、ベートーベンもたくさん、モーツァルト、ハイドンまで出てきます。
ショパンのバラード4番まで、じっくり勉強しないといけない曲が次々に弾かれ、予選もなく今日だけの演奏なのにレベルが高いです。

プログラムは参加者には渡されているのですが、審査員にはナンバーと曲名のみ(勿論、大阪国際もそうです。)、参加者の名前や大学にまどわされず、音楽のみを審査出来るという確りしたシステムでした。
杉浦先生のポリシーはすごい!!
(入賞者名は、全て終了後、ホームページをご覧ください。)

朝10時から20時まで、聴いては講評を書き続け…でしたが、気持のよい先生方とで疲れた(正直な気持ちです)ながらも楽しい一日でした。

泊った名古屋観光ホテルにはこんなクリスマスケーキもあり…皆で一足早く乾杯をしました。 
 
 ツリー      ソリ

外は雪………
明日は東京です。


コンクール |
| ホーム |