大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

「青春の詩」 2

久しぶりに硬派(とお呼びして良いでしょうか?違っていたらごめんなさい)安藤さんの文章や懐かしいお名前に出会い、気持ちの高揚を抑えられず、思いの幾許かでも伝えたく、No.2としました。

上方は決して大阪弁と、お笑いだけのまちではありません。
昔からの文化を持ち、財閥でなくとも、一代ででもトップに登ろうとする意気の町なのです。

“YOUTH”
Youth is not a time of life;it is a state of mind.It is a temper of the will, a quality of the imagination, a vigor of the time emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love of ease.
(下略)


青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想像力、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。
(中略)青春とは人生の不快泉の清新さを言う。(中略)年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。(下略)

全文を載せるのは長いので省略しますが、ぜひ読んで頂きたいと思います。


私達一同皆で「心を老いることなく理想を追い求め」安藤さんの締めの言葉にそって行きたく思います。
「私たちが改めて勇気と目標を持つこと、そして構想力と行動力を持って、全力で青春を駆け抜けていくことが、この国の、関西を、輝かせていくと思います。」

コンテスタントとオーガナイザー共に目標と夢に向かう為に出来る一歩として、昨年打ち出した
「東北3県地区本選料免除」を第15回まで続け、学びたい人達への長期の支援としたく存じます。」 


spierer.jpg

大震災のお見舞いにいただいた審査委員長のシュピーラー氏からのメッセージより…
「音楽は = 伝統音楽あるいはクラシック音楽を問わず = 今までも、そして今現在も私たちの魂の確かな拠り所であり、如何なる、本当に如何なる災害もこれを破壊することは出来ません!」
雑記 |
| ホーム |