大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

憲政の神さま尾崎行雄氏とワシントンの桜

今、日本が1912年に桜の苗木を送ってから100周年を迎えるということを記念し、ワシントンの桜祭りが例年より期間を延長して催され、その様子がTVや新聞で報道されています。

実は、当コンクールはこの「ワシントンの桜」に、少しご縁があります。
コンクール立ち上げ時からの理事尾崎行信氏は、当時のタフト大統領夫人が桜に非常に興味を持っている事を知り、ポトマック河畔に植える桜を送られた憲政の神、尾崎行雄氏のお孫さんなのです。
命がけで自由民権運動に生涯を捧げられた事は、日本史でならいましたね。

実行委員長の伯父様のご友人でいらっしゃった尾崎氏が、コンクールの設立趣旨に賛同され、現在も理事として支えてくださっています。
私達がワシントンに旅行した折に、絵葉書をお出ししたら、お祖父様のことを懐かしむお返事を頂きました。
最高裁判事を退かれた後は、弁護士として活躍されています。

今日は急に暖かくなったので、1日で花がほころんできました。春ですね。

sakura
2012年3月28日読売新聞夕刊より

雑記 |
| ホーム |