大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

~Meet the Chairman of Jury 審査委員長のご紹介~

Prof Thomas Kreuzberger トーマス・クロイツベルガ―

IMG_1001_blog.jpg


ウィーンに生まれる。ウィーン音楽院(現ウィーン国立音楽大学)にてハンス・ペーターマンデル氏、フリーダ・ヴァレンツィ氏に師事する。また、アレクサンダー・イェンナー氏やアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ氏のマスタークラスを受講。
ヨーロッパ、アメリカ、中国、日本にて現代曲や著名な作曲家の作品を主に演奏活動を行う。
また、リストやシューマン、エロードのCDの他、エリザベス・エシュヴェ氏やクラジミーラ・ヨルダン氏とも連弾作品もリリースしている。
1993年よりウィーン国立音楽大学教授。同大学指揮科の学部長を務める。
また、ウィーンコンセルヴァトリウム私立音楽大学にてピアノ学科長も務める。
ウィーン国立音楽大学を代表し、連邦委員会アドバイザーとして、プリマ・ラ・ムジカやグラドゥス・アド・パルナッスムなどの若い音楽家のための主要なコンクールに携わる。ウィーンミュージックセミナーの講師および役員を務める他、日本、中国、アメリカ等でマスタークラスを開催。数々の国際コンクールにて審査員を務める。
今年のマスタークラスは、10月4~14日に開催。

Born in Vienna, Thomas Kreuzberger studied at the Vienna Academy of Music and the Performing Arts underHans Petermandl and Frieda Valenzi, and took master classes with Alexander Jenner and Arturo Benedetti Michelangeli.
His concert activity includes work in Europe, America, China and Japan, with specialfocus on contemporary and virtuoso literature.
Kreuzberger has made CD recordings of solo works by Liszt, Schumann and Eröd, and has recorded four-hand literature as well, in collaborations with Elisabeth Eschwé and Krassimira Jordan.
He has been a professor at the University of Music and Performing Arts in Vienna since 1993 and was appointed university professor and head of the university’s conducting institute. Kreuzberger is head of a class for piano performance majors at the Konservatorium Wien – Private University.
As member of the Bundesfachbeirat, Kreuzberger represents the University of Music and the Performing Arts in the largest competitions for musical youth (Prima la Musica and Gradus ad Parnassum). He is lecturer and officer of the Vienna Musikseminar and has presented master classes in Japan, China and the US. He has been a jury member at numerous international competitions.
He will give master class from 4th to 14th October.

コンクール |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。