大阪国際音楽コンクール OSAKA I.M.C

大阪国際音楽コンクールの関連情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東京のコンサート②

次の日(1月22日)は、王子ホールでのピエール・アモイヤル氏と碓井俊樹氏のデュオでした。

2人でのブラームス作曲ヴァイオリンソナタ3番も、彼が得意とするフランク作曲ヴァイオリンソナタも、ハイフェッツ直伝のテクニカルな面とアモイヤル氏本人の情熱的な音楽、多彩な音色、そしてある時は彼に沿って、ある時は彼自身の音楽を主張しながら演奏する碓井氏のピアノが相まって、ホールを感動的なもので満たしてくれました。

彼の1771年のストラディバリ“コハンスキ"が、朗々とした音を王子ホールに響かせ、碓井氏もプロコフィエフのソナタで、彼のテクニックを披露。いかにも軽やかに、歌い、聴かせてくれました。

外は寒かったけれど、暖かさに満ちて、帰途につきました。




人気ブログランキングへ
コンサート |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。